第36回ハイメスコンクール<管・弦・打楽器部門>参加者募集

himesconcours-sanka

1989年に始まったハイメスコンクールは、ハイメス(北海道国際音楽交流協会)の設立趣旨に基づき、北海道ゆかりの若い音楽家の海外研修を支援します。

【開催日時】2024年3月14日(木)午前11時 開始予定

【会場】北広島市芸術文化ホール(花ホール)

【参加資格】下記の条件をすべて満たす方。

  • 1993年1月1日から2006年12月31日の間に出生した方。
  • 北海道で出生、あるいは学校教育を受けた方、あるいは北海道で音楽活動の経験を有すると認められる方。
  • 第1位入賞の場合、コンクール実施後、原則として2年以内に海外の音楽教育機関(大学等、海外セミナー等)で1ヶ月以上の研修が可能な方。

【演奏曲目及び時間】

曲目は自由です。但し、すでに出版されている作品に限ります。

演奏時間は15分以内(厳守)とし、その時間内であれば2曲以上でも可能です。なお、演奏は暗譜とします。

参加者多数の場合、演奏時間を短縮することがあります。

事前に楽譜の提出を求めることがあります。(コピー譜可)

【応募方法】

ハイメスホームページの参加申込フォームよりお申し込み、または参加申込書を事務局まで郵送してください。(申込フォームは後日掲載。但し、期間外のお申し込みは受付できませんのでご注意ください。)

参加申込書は下記からPDF・Word形式でダウンロードが可能です。

第36回ハイメスコンクール<管・弦・打楽器部門>参加申込書(PDF)

第36回ハイメスコンクール<管・弦・打楽器部門>参加申込書(Word)

なお、定員35名になり次第募集を締め切ります。 

【参加料】

20,000円(ハイメスアーテイスト会員は15,000円)
参加料は参加決定後(2024.1/30以降)お支払い方法についてご案内をいたします。
なお、参加料は原則として返還しません。

【申込期間】

2024年1月12日(金)~1月26日(金) 必着

※上記期間外のお申し込みは受付できません。

【審査委員】

委員長 澤  和樹 (ヴァイオリン・前東京藝術大学学長)
委 員 新井 まどか(フルート・前札幌大谷大学非常勤講師)
委 員 大隅 雅人 (トランペット・札幌大谷大学教授)
委 員 笠井 尚貴 (打楽器・札幌大谷大学非常勤講師)
委 員 河野 泰幸 (クラリネット・札幌大谷大学准教授)
委 員 真貝 裕司 (打楽器・元札幌交響楽団首席奏者)
委 員 文屋 治実 (チェロ・元札幌交響楽団副首席奏者)
委 員 渡郶 謙一 (ユーフォニアム・北海道教育大学岩見沢校准教授) (敬称略・五十音順)

【発表】

当日コンクール終了後、会場で発表し表彰式を行います。

【講評】

各審査委員に参加者それぞれの講評を書いていただき、後日送付いたします。

【表彰】

4種目(打楽器、弦楽器、木管楽器、金管楽器)から優秀賞をそれぞれ1名選出し、その中から最優秀賞を1名選出します。ただし、審査により該当者なしの場合もあります。最優秀賞と優秀賞との重複受賞はありません。

最優秀賞者には、海外研修を支援するための50万円を贈呈し、副賞として(株)宝石の玉屋様提供の“純金ウィーン金貨 ハーモニー” が贈られます。また、優秀賞者には10万円を贈呈致します。

最優秀賞者の賞金は、海外研修計画が具体化した段階で贈呈します。

【その他】

このほか、詳細は第36回ハイメスコンクール<管・弦・打楽器部門>募集要項を、必ずご確認ください。お問い合わせはハイメス事務局までお願いいたします。

【問い合わせ先】

<ハイメス事務局> 

電話番号 011-232-7592(月~金曜日 10時~16時 木曜のみ10時~13時)

メール office@himes.jp 

関連記事

  1. 第34回ハイメスコンクール<声楽部門>優秀賞者インタビュー
  2. 第32回ハイメスコンクール<ピアノ部門>結果発表
  3. himesconcours-sanka 第35回ハイメスコンクール<ピアノ部門>申込フォーム
  4. 第23回ハイメスコンクール ピアノ部門 結果発表
  5. 第33回ハイメスコンクール<管・弦・打楽器部門>入賞者インタビュ…
  6. 第35回ハイメスコンクール<ピアノ部門>最優秀賞者インタビュー
  7. ハイメス・ニューイヤーコンサートpresents チャリティ フ…
  8. 第34回ハイメスコンクール<声楽部門>結果発表
PAGE TOP